事業内容・実績

Slider

神楽坂における南砺市観光プロモーション
事業委託

事業主:一般社団法人南砺市観光協会

富⼭県の南砺市観光協会(富⼭県南砺市)は東京・神楽坂で南砺市の魅⼒をアピールしていくべく、PR事業を展開しています。「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり」の城端曳山祭〈庵唄〉などのご縁から、南砺市のPRを粋まちがお手伝いしています。

「にゃんと⽒」と「にゃんと市観光協会」

南砺市内7地域の特徴をモチーフに七変化する新たな猫のキャラクター「にゃんと⽒」が誕⽣しました。デザインは神楽坂化け猫フェスティバルの運営やキャラクターデザインを⼿がけているおかめ家ゆうこ⽒。その「にゃんと⽒」が「にゃんと市観光協会」と称したSNSを通じて、4コマ漫画や動画、写真などで南砺市の魅⼒をアピールします。

神楽坂化け猫フェスティバル
ねこきりこささにゃ踊り

若者や⼦供たちからお年寄りまで、さらに外国⼈などの参加者が、猫の格好をしてメインストリートをパレードする「神楽坂化け猫フェスティバル」。開催時期がハロウィーンに近く、国内だけでなく海外メディアからも注⽬を集めています。そのなかで南砺市五箇⼭の郷⼟芸能「こきりこ」の「ささら踊り」のワークショップを開催。猫の格好のまま、みんなで「さらら踊り」を踊ります。さらに南砺市の逸品を紹介するブースを出展しました。

過去の開催
2019年10月13日 神楽坂6丁目神楽坂通り/神楽坂パークリュクス前ポケットパーク(神楽坂化け猫フェスティバル参加企画)

なんと!どとく

南砺市周辺では⼟がもたらす恩恵を「⼟徳(どとく)」と呼びます。当事業では南砺市の逸品を紹介するブースを神楽坂に出展。五箇⼭和紙などの伝統⼯芸品をはじめ、せんべいなど定番お⼟産の試⾷など、南砺市の「⼟徳」を感じ取ることができます。

過去の開催
2019年10月19日 毘沙門天善國寺境内(神楽坂まち飛びフェスタ2019参加企画)